台湾マンゴーの季節が到来

台湾マンゴー

 

マンゴーは、レモンフルーツや恋人フルーツとも呼ばれ、インドとミャンマーの国境周辺が原産地です。台湾のマンゴーの栽培は、オランダが東南アジアや中国の南部から導入したことで始まりました。

 

 

多種多様であるだけでなく、台湾の夏の果物の主力にもなっています。5〜 10月に豊富に収穫される。主に台南、屏東、高雄で栽培されている。その中で、台南の玉井、楠西、南化、官田で、台湾のマンゴーの生産量の50%以上を占めています。

長い歴史と独特の風味を持つマンゴーは、世界の果物の人気でブドウ、みかん、バナナ、リンゴに次ぐ世界第5位の果物になりました。台湾には長い間マンゴーを栽培してきた歴史があり、今日では台湾で最も広く栽培されている果物になりました。

 

毎年夏はマンゴーが最も美味しいシーズンです。最も良い香りがする土芒果アースマンゴー)は、果汁が多くコクのありまだ食べられません。 。土芒果アースマンゴーの若い実から漬け込んだ実は甘酸っぱく、夏の宴会には食後に氷をいれて一緒に食べます。

 

 

愛文芒果アイウェン・マンゴー

 

 

大きくて肌が明るい愛文芒果アイウェン・マンゴーは、私たちに愛されているだけでなく、海外でもファンが多く輸出量が最も多いマンゴーです。愛文芒果(アイウェン・マンゴー)は、果肉は繊細でジューシーで柔らかく、繊維のような味はなく、とても甘くて美味しく、台湾のマンゴーの主力です。

 

金煌芒果金黄マンゴー

 

金煌芒果金黄マンゴーはサイズが大きく、日本でも人気のマンゴーアイスを作るためによく使用されます。金黄マンゴーの果肉は甘みが多く果肉が豊富です。

台湾マンゴーを食べて元気をつけましょう!

 

関連記事