台湾食文化と豚と牛の歴史

 

台湾の家畜について

 

台湾で飼育される家畜には、主に豚、牛、羊などです。台湾人の食生活の観点から見ると、豚は最も重要な肉の家畜であり、タンパク質の主な供給源になっています。

牛は過去の農業の影響によるものであり、農家が耕作をする上で常に重要なパートナーであったため、農村部では牛肉を食べようとする人はほとんどいません。

羊については、主に飼育に十分なスペースがないために少なく、また、子羊を食べるという食習慣は台湾では一般的ではないため、飼育数は少ない状況です。

 

台湾の豚について

 

 

400年前から500年前までの移民は、中国の豚は、後に桃園豚、美濃豚、頂雙渓豚などと名付けられました。

日本の統治時代には、盤克夏豚という繁殖豚を地元の台湾の豚と交配のために導入し、戦後になると農業部門は多数の西洋の品種を導入し豚肉の量を増やしました。現在のほとんどの豚は洋式の豚です。

 

アメリカから来た西洋の白豚について

 

1896年に初めて台湾に導入されたイギリスの豚は、白い鼻、尾、四本足を持ち、改良された最も初期の豚の品種ですが、残念ながら成長と繁殖効率が劣るため姿を消し、1995年に米国から再導入された豚は、一般に大きな白い豚として知られていますが、大きな白い豚の系統であり、直立した耳、長い体格、速い繁殖を特徴としています。

 

台湾の黒豚について

 

台湾の豚品種の中で最も重要な台湾の黒豚は、主に初期移民によって台湾に持ち込まれた桃園豚であり、中国の地元の品種に属しますが、日本統治時代の盤克夏豚という繁殖豚と交配し、その結果、血統が混在しました。現在、桃園豚は国が保護しています。。

台湾の黒豚の特徴は、西洋の白豚と比較して、餌を与える時間が長く、発育が遅いですが、多くの餌を必要とせず、優れた耐病性を備えています。そのため、小規模の養豚農家のほとんどは台湾の黒豚です。また、黒豚の味は白豚の味よりもはるかに良いと多くの人に思われています。

 

台湾の牛について

牛は一般に水牛と普通の牛に分けられ、主に水牛が農業に利用されていますが、台湾の農業形態の変化により、水牛の飼育はますます珍しくなっています。

もともとは台湾西海岸の平浦の人々が牛を飼育したという記録がありましたが、日本人が牛を改良するために導入した後、もともとは農村労働に使われていましたが、農業機械化の後、肉用牛に改造されました。台湾の牛の繁殖は徐々に減少しています。

 

乳牛としてのオランダの黒白牛

 

今日では、西洋化された食生活の影響を受けて、新鮮な牛乳はほとんどの家族にとって必須の食品の1つになりました。台湾の乳牛の飼育は、牛を育てる主要な産業になっています。乳牛は、主にオランダで育った白黒の乳牛です。

毎年の気候と暑い夏は、しばしば牛乳生産の大幅な減少につながり、それに応じて牛乳の価格も上昇します。

 

関連記事