アパレル業界の物流業務について

Video training materials(動画教材 制作中)

 

《物流が重要》

 

まず、物流センターを整備した上で、イオンなどの大手小売業による特定のエリアに集中して店舗展開する「ドミナント形式」による出店を行います。

 

 

《コンビニの物流》

 

コンビニエンスストアは、店頭のバックヤードがないため、店頭に置く商品だけを納品する。

 

1日に4回から8回といった頻度の納品によって、鮮度の向上、時間帯によって売れる商品の供給といった、細かなデータ管理のよる発注、品切れを低減する重要な戦略です。

 

 

《生産管理と物流管理は》

 

問題なく商品が店頭に届いて、当たり前なので、成果が分からない。

問題なく商品が店頭に届けることが、最も重要な業務です。(裏方さん)

 

 

《物流》

 

物流とは、生産された商品が消費者の元へ届くまでの一連の活動のことです。

 

 

《物流の業務》

 

保管

 

倉庫や物流センターに物資を保管する業務である。どこに何があるのかを明確にロケーション管理がある。

輸送

 

商品や原材料を移動するための配送業務である。物量やリードタイム、コストを勘定し、最適な輸送方法を決定する。

 

荷役(にやく)

 

商品や原材料を倉庫や物流センターに運び入れ、仕分けや出荷を行う業務である。指示された商品を保管場所から取り出す「ピッキング」も含まれる。

 

包装

 

商品や原材料を衝撃や汚れから保護するための業務であり、個別にパッケージングする個装と段ボールなどに詰める外装に大別される。

 

流通加工

 

商品や付加価値向上のためのタッグ付けなどの加工業務であり、通常は倉庫や物流センターで行われる業務のことです。

 

情報処理

 

情報システムにより物流業務全般を管理していく業務である。代表的なシステムとして、倉庫管理システムや輸配送管理システムなどが存在する。