デジタルトランスフォーメーション(DX)

Video training materials(動画教材 制作中)

 

《デジタルトランスフォーメーション(DX)》

 

「DX」と表記されることが多いが、「Transformation」の「Trans(交差する)」という意味があるため、交差を1文字で表す「X」が用いられている。

 

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、スウェーデンのウメオ大学教授エリック・ストルターマン氏が2004年に提唱した概念です。

 

「デジタル技術が浸透することで人間の生活のあらゆる面で引き起こす、あるいは良い影響を与える変化」を指します。

ビジネス用語としての意味

 

「競争優位性を確立する」という観点で、デジタル社会の変化に対応した企業が、AIやIoT、ビッグデータなどのデジタル技術を活用して、ビジネスモデルや業務を変革する抜本的な取り組みとして用いられることが多いです。

 

AI( artificial intelligence)

 

人工知能(AI)とは、人間の知的ふるまいの一部をソフトウェアを用いて人工的に再現したものです。

 

※スシロー同様、パン屋でも画像認識の技術が使われています。

購入客が複数のパンをトレーに載せてレジ横のカメラの下に置くと、

画像認識からパンの種類を判別し、価格・数量から購入金額を算出する「BakeryScan(ベーカリースキャン)」というPOSレジがあります。

 

IoT(Internet of Things)

 

「モノのインターネット」のこと。

スマートスピーカーやスマートホーム、自動運転車など、近年急速に実用化が

進んでいる先端テクノロジーです。

 

ビッグデータ(Big Data)

 

従来のデータベース管理システムなどでは記録や保管、解析が難しいような膨大なデータ群のことです。明確な定義があるわけではなく、企業向け情報システムメーカーのマーケティング用語として多用されています。

 

《デジタルトランスフォーメーションに対する注目が高まってきた背景》

 

背景1:スマホによる消費行動の変化

 

スマートフォンが生活者の日常になくてはならないものになったことで、消費行動が大きく変化していることがまず挙げられます。

 

商品購入、コミュニケーション、情報収集など、あらゆる物事がスマホ中心になっている。

背景2:デジタル化によるビジネスモデルの破壊が起きている。

 

配車アプリのUber(ウーバー)は、デジタル変革によって既存ビジネスをディスラプトした代表例です。

 

運転してお金がほしいドライバーと移動したいユーザーとをマッチングして手数料を得るビジネスモデルで新規参入し、従来のタクシー会社のビジネスの枠組みを壊しました。

 

背景3:withコロナの時代では会社では、テレワークを推進する動きが広がっています。

 

そのためにはデータを一元管理するシステムの構築や業務プロセスを見直しデジタル化することが必要になります。

 

テレワークの実施によってコスト削減や効率化といったほかにデータが取得・活用しやすくなるメリットがあります。