生き残りをかけたデジタル時代のブランド戦略

Video training materials

 

現在のようなデジタル時代の現代に生き残るためには、新たな時代に合わせた戦略が必要になってきます。

《ブランディング》

このような時代になってくるとブランディングが非常に重要になってきます。

今、なぜブランディングが重要なのか。解説してゆきます。

ブランディングとは、
簡単に言えば「商品の価値を知ってもらうこと」です。

例えば、100の価値があるものでも、その顧客に50しか伝わっていないとします。その時、顧客にとっての商品の価値は50です。

ブランディングを行うことで顧客に100の価値が伝われば、値下げをすることもなく、100の値段で購入してもらうことができます。

今までの日本では、「価値があるものをその価値以下の値段で売ってしまう」ということがたくさんありました。

そのために必要なのが「価値を伝えるための方法」であり、それこそがブランディングなんです。

「今までのマーケティングだけでは、モノやサービスが売れなくなった」

その理由として、

・インターネット・SNSの普及

従来のマーケティングでは、「モノが良ければ売れる」という考え方があり、アパレルメーカーが顧客に情報を一方的に発信されていました。

現在は、購入前に情報を入手できるようになり、顧客の「モノの買い方」が変化しました。
顧客がモノやサービスを購入する前に情報を入手することに大して、アパレルメーカーは、デジタル時代になり、以前のようにただ商品情報を発信しても、大量の情報に埋もれて、顧客の目に留まる機会も減少しています。

現在では、モノが良くてもその価値が伝わらないと売れません。

競合と同じ価値であれば「何を選ぶのか」という話になりますが、そこでは「好きかどうか」が選択されることが重要です。

ブランディングは、顧客の好きという価値を作ることで、顧客は、良いイメージが蓄積されたブランドを選ぶのです。

まとめると、商品の価値を100%知ってもらうことをブランディングの重要ポイントであることを認識して、ひとりひとりの顧客に良いイメージを積み重ね「好き」になってもらうことにつなげなければいけない。

 

投稿者プロフィール

Mr. Thanks 
Mr. Thanks 
Content creator、School teacher of business fashion、Chef、Angler、