マイケル・ポーターの3つの基本戦略

Video training materials

 

アパレル業界が学ぶべき経営戦略

マイケル・ポーターの3つの基本戦略

 

《コスト・差別化・集中》

 

戦略の選択は、突き詰めるとコストで勝負するか付加価値で勝負するか、どちらでもなければニッチに特化するしかない

 

① コスト戦略

コストの強みにした戦略ついて、競合他社との差別化した商品やサービスはないですが、低コストで低プライスを実現することで、顧客は、「他社と同じだけど安いから買う」ということになります。

 

②差別化戦略

差別化戦略については、顧客が「他社にないものがあり、それが欲しいので高くても買う」という戦略です。

付加価値で勝負します。

アップル製品がその代表例です。

 

③集中戦略

集中戦略は、狭いセグメントでニッチ市場でトップを目指します。同じ集中戦略でも低コスト型・差別化型に分かれます。

 

 

《強み持続させること》

 

重要なことは、その「強み」を競合他社の追随や模倣されることなく持続させることができるかなのです。

 

リスクとして、

 

① コスト戦略のリスクとして

 

・競合他社が何かしらのタイミングでその能力やしさんを獲得してコストを下げることができ出す

・競合他社が全く違う方法で低コストを実現できるようになることです。

 

②差別化戦略のリスクとして

 

顧客ニーズが変化して価値が認めなくなった

代替品が現れ、よりよい価値を提供するようになった

 

③集中戦略のリスクとして

 

集中した市場が縮小、消滅すること

環境の変化により障壁がなくなり大手が参入すること

 

このようにそれぞれの戦略のタイプの強みが持続できなくなるリスクもあるので、強みが長続きするのかを常にウォッチし、アクションをとることが重要です。

 

 

投稿者プロフィール

Mr. Thanks 
Mr. Thanks 
Content creator、School teacher of business fashion、Chef、Angler、