店舗利益を上げるための基礎知識

Video training materials(動画教材 制作中)

 
 

店舗の利益構造を考える

 

店舗の利益構造を考える上で、 理解しなければいけないポイントとして「粗利(あらり) 」を理解しなければならない。
粗利とは、「売れたときに生み出す商品の利益」です。
売上から売れた商品のコストを差し引くと、粗利(あらり)になります。

 

粗利をアップさせる

 

粗利をアップさせるには、商品の「販売」と「生産」の視点で見て、どのようにしたら良いのかを考えてみましょう。

 

■販売の視点→ 高く売ること

 

・プライスを高くする(商品価値を上げる)

・販売掛率を上げる(プロパー比率アップ)

・売れ残りをなくす(バーゲン比率ダウン)

 

■生産の視点→ コストを低くする

 

・オリジナル商品を作る(比率を上げる)

・コストの低い原料を調達を行う

・コストの低い国に生産する

 

 

経費を下げる

 

粗利 ー 経費 = 店舗利益

 

店舗利益を上げるには、商品が売れて出た粗利から差し引かれる経費を下げる必要があります。

日々の運営をしている中で、ムダ使いをなくし経費を削減することはとても良いことだと思いますが、戦略的に利益構造を変えることで、その店舗の運営が継続的に安定させることになるのです。

経費には、売上に連動しないで毎月ある一定の決まった額が発生する「固定費」と売上に連動して発生する「変動費」に分かれます。

 

代表的な項目として

 

固定費

・販売スタッフの人件費

・水道光熱費・リース料

・減価償却費

・本部経費の配賦

 

変動費

・店舗家賃(路面の固定家賃の場合は、固定費)

・諸経費(販売手数料・送料・カード手数料など)

 

 

変動費と固定費に分ける3つの視点

 

1、利益の予測をするため

 

変動費は売上が増えたときに連動して10%増えるからこの金額、固定費はそのまま変わらず今月と同じ、そうすると売上から2つの費用を引くと利益が予測できます。また、売上が増えた場合とは逆に、売上が減る場合も同じように利益の予測ができるようになります。

 

2、費用の削減効果の違いの見える化

 

業績が悪くなり売上が落ちた時に、売上が減っても一緒に下がってくれない費用を削減すると会社の運営がし易くなります。いわゆるリストラ、人件費のカットを考えるのは、人件費が固定費であるためです。

 

3、新たな事業を始める場合には、売上が安定していないなので固定費を少なくする。

 

固定費を少なくしておけば、売上が低くても費用もかからない。このため、すぐに売上が上がらなかったときや上手くいかなかったときの赤字幅が少なくてすみます。

 

 

損益分岐点 (そんえきぶんきてん)

 

売上高と費用が等しくなり、損益がゼロとなるときの売上高のこと。

 

 

マーケティング・ブランディングを強化する

 

ルイヴィトンやグッチなどのインターナショナルブランドの価格設定は日本ブランドと比較すると非常に高いです。

しかし、原価率について、インターナショナルブランドは、かなり低く抑えられていいます。聞く人によっては、「ボッタクリじゃないか」と怒られる方もいらっしゃるかもしれませんが、原価率を抑えて粗利を高くすることは、アパレル業界だけではなく、どんばビジネスでもとても重要なことなのです。

粗利が高く確保することが出来ているブランドは、その分多くの経費を使うことができるのです。例えば、雑誌にたくさん掲載したり、テレビコマーシャルなど多くの宣伝広告費を使うことができます。また、店舗の内装費用にお金をかけて、高級感のある店舗を作ることもできるのです。

近年アパレル業界では、安価な価格競争に巻き込まれないためのブランド戦略が重要です。

商品を高く売るということは、マーケティングやブランディングの力がなくてはなりません。

消費者にとっての品質の良さ・信頼感・共感・安心感・唯一無二をどうやって伝えるかが重要なんです。
 

投稿者プロフィール

Mr. Thanks 
Mr. Thanks 
Content creator、School teacher of business fashion、Chef、Angler、