香港旅に行く前の基礎知識

香港の歴史を簡単に説明

香港は1842年以降、イギリスの植民地だったが、1997年7月1日に中国に返還されたが、当面イギリス統治時代の体制を継続する「一国二制度」がとられています。中国本土との大きな違いは香港は資本主義社会で言論の自由や子供を複数もつことなどアメリカや日本と同じように民主主義が維持されている。しかし、ここ数年は中国本土から自由が奪われそうになっていることから一般市民による大きなデモなどが起きています。

 

香港の気候

 

亜熱帯気候で、日本と比べて夏が長く、気温と湿度は高い。しかし冬は意外なほどに気温がさがることもあるので南国と言え油断禁物です。

 

日本からのフライト

 

直行便で約3時間半~5時間

 

日本と香港の時差

 

日本時間からマイナス1時間(台湾と同じ)

 

香港の言語

 

広東語と英語

 

広東語は、香港やマカオ、そして中国の広東省で使われている言葉で、上海や北京そして台湾で使われている北京語とは大きく違います。少し難しいですが、文字は中国語の繁体字で台湾と香港は同じです。中国本土は、簡体字でシンガポールやマレーシアに暮らす華僑の方と同じになります。

 

     言葉    文字

香港   広東語   繁体字

台湾   北京語   繁体字

中国   北京語   簡体字

 

※シンガポールやマレーシアに暮らす華僑は中国と同じ

 

旅行のベストシーズン

 

9月下旬~2月がおすすめです。9月上旬はまだ雨量が多いですが、暑い夏から過ごしやすい秋のシーズンに移る時期になり、中秋節近くにはランタンを手にした人で賑わいます。10月に入るとカラッと晴れた穏やかな日が増えて観光シーズンになる。その後、冬になるにつれ少しずつ気温が低くなりますが、極端な寒さになることはない。冬でも日本と比較すると過ごしやすい。7月~9月の大きな台風には注意して下さい。

 

中秋節とは

 

中秋節とは、ご存じのない方も多いとおもいますが、中国や台湾、韓国では旧正月の春節の次に重要で楽しみにしているイベントで、大切にされている日の一つです。日本で言う「月見」や「十五夜」にあたる日です。

 

中秋節は旧暦の8月15日で、新暦になおすと9月下旬から10月上旬になります。

 

中秋節は家族や親せきなどが集まって、家族団らん、月の円のようになって月を眺めながら丸いお菓子の月餅(げっぺい)を楽しむのが中華圏の過ごし方です。

 

香港では、ファイヤードラゴンダンスなどといったイベントも行われているところもあり、花火が3日間上がり続けます。

 

これから、たくさんの香港の魅力について、ご紹介させていただきますので、楽しい香港旅行の参考にして下さい。

関連記事