アパレル業界のマーケティング4P

Video training materials(動画教材)

 

《マーケティング4P》

 

1960年にアメリカのE.J.マッカーシーにより提唱され、現在でもマーケティングの基本概念として知られています。

 

《マーケティングの4P》

① Product     プロダクト(商品・ブランド)

② Price     プライス(価格)

③ Place        プレイス(チャネル・店舗)

④ Promotion  プロモーション(販売促進)

 

具体的にアクションに移す要素

 

4つのPをどのように最適にミックスして行動に移すか(マーケティングミックス)が

重要です。

 

4Pの目的

 

消費者に欲しいと思わせる商品を作ることから始まり、顧客の手に届くまでの行程を明確にする項目です。

 

一つでも欠けたり、適正でなかったりするとマーケティング戦略は非常に難しくなります。

 

 

《1、Product    プロダクト(商品・ブランド)》

 

商品やサービスについての方針を考える。

「何を売るのか?」

 

・どんな商品を

・どういうコンセプトで開発し

・どういうシステムで生産し

・どういう構成で

・どこから調達してくるか?

 

《2、Price    プライス(価格)》

 

価格を決定する。

「いくらでその商品を売るのか?」

 

・どんな価格で

・コスト積み上げ方式

・顧客視点での価格設定

・競争志向の価格設定

 

《3、Place      プレイス(チャネル・店舗)》

 

販売のための方針を決める。

「どこで売るのか?」「どう売るか?」

 

【メーカーの場合】

・どんなルートで

・どんな条件で

・どういう流れで

売っていくか

 

【店舗の場合】

・どんな地域の

・どんな立地に

・どんな規模で

・どういう雰囲気で

 

《4、Promotion  プロモーション(促進》

 

販売促進のための方針です。

「どのように売るのか?」

 

・どういう広告で

・どうやって集客し

・どういう販売方法で

・どんなサービスで

・どういう売り方で、売っていくか?

 

 

《企業から見た視点を顧客視点に考え直す。》

 

企業の視点                 顧客の視点

 

  • Product 商品・ブランド  →   Consumer 顧客価値
  • Price 価格        →   Cost コスト
  • Place チャネル・店舗   →   Convenience 入手利便性
  • Promotion 販売促進    →   Communication コミュニケーション

 

「差別化」は、経営戦略の根幹となる

 

「差別化」の反対語は、「同質化」です。

 

競合他社と似たり寄ったりの製品・サービスを提供することです。

顧客がその商品・サービスを選ぶ

理由がありません

 

競合他社と似たり寄ったりの製品・サービスを提供すると泥沼の価格競争が始まり、利益がほとんど出ない水準まで価格を下げないと売れなくなります。

 

 

《「他社と違うことをする」のが重要》

 

顧客に対して差別化する

違うから顧客は自社を選ぶ

価格競争に巻き込まれない

他社を上回る 売上・利益の確保

 

《顧客に対しての差別化》

 

【掃除機のマーケット】

・英国のダイソン社は紙パック不要のサイクロン方式、吸引したゴミが外から見えるデザインなどでの差別化を行い、消費者に支持を得て成功!

・米国のiRobot社のロボット掃除機「ルンバ」も差別化で成功!

 

《自社の資源や能力で差別化》

 

【セーター業界】

・染色済みの毛糸でセーターを編むのが主流だったが、ベネトンは染色前の生成りのセーターを編み、あとから流行の色に染色する方法を実現し、売れ残るセーターを減らすことに成功!

投稿者プロフィール

Mr. Thanks 
Mr. Thanks 
Content creator、School teacher of business fashion、Chef、Angler、