コロナ感染拡大

アパレルメーカーのコロナ禍での戦略(無印良品・洋服の青山)

Video training materials(動画教材)

 

無印良品のコロナ禍の状況

外出時に着用の衣服が売上ダウン

普段使いのアイテムの売上アップ

 

2020年秋冬より

①日常着72アイテムを値下げ

②期間限定商品、週末セールを廃止

 

一時的に来店者数が増えると店内が「密」な状況になってしまい、お客だけでなく従業員を感染リスクがあるため

 

地域密着型の店舗展開と食品強化 

 

《テーマ》

 

地域の暮らしに貢献する:「店舗の土着化」

 

銀座店や京都山科店では食や飲食の強化

 

コロナ禍で食品の売上約50%アップ(20年7月)。全体の8%程度売上だが、を2030年までに30%まで高める計画。

 

 

《ビジネススーツ業界》

 

スーツを着る機会が減少

 

①多くの企業がテレワークを導入

②卒業式や入学式、入社式、研修などの行事が中止。

③密になることを避けて冠婚葬祭も縮小。

 

こうしたオケージョン利用が大幅減少したことで、スーツ業界全体の市場が前年比50~60%程度に

ダウン。

 

オケージョンとは、

「特別な行事、儀式」という意味があります。

「冠婚葬祭」です。

 

ソーシャルオケージョン:

Social(=社会的、社交的)な行事を指し、具体的には結婚式やお葬式など、

 

オフィシャルオケージョン:

Official(=公的)な場面を指し、学校指定の制服だったり、社会人だとスーツや制服、作業着など

 

プライベートオケージョン:

Private(個人的)な場面での行事、儀式で着る服

 

 

《ビジネススーツ業界のコロナ対策》

 

青山商事(洋服の青山、THE SUIT COMPANY)

 

今後3年間で全体の2割に当たる160店舗を閉店。また、正社員の1割に当たる約400人の希望退職つのる。

 

オンラインストアでの販売強化

9月売上アップ150%、ただし、EC比率2%

中長期的にオーダースーツの強化し、5~10年後にオーダー比率50%を目指す。

顧客のサイズや好み、購入タイミングのデータ収集にて顧客別に提案、お直しにも対応可能。

 

「就活スーツ、4泊5日で3900円」

就活スーツのレンタルサービスを10月から開始。

 

◆地方から就活スーツを持って

移動するのは大変

◆オンライン就活がメインなので

上着があれば十分

◆スーツ代は経済的に負担

 

 

《マーケティング=売上アップ》         

 

売上がアップしてもアパレルメーカーは倒産することがある

 

倒産=お金がなくなる

 

なぜ、お金がなくなる?

 

消化率

 

消化率=売上枚数÷仕入枚数

消化率=売上上代÷仕入上代

 

消化率を上げるためには、

 

①売上アップさせること

②売れ筋(売れる商品)を増やす

 

《ポイント》

 

仕入を減少させても

売れる商品の比率が同じなら消化率は

同じ、売上ダウンにつながる。