読者の皆さんへ

プレゼンテーションの組み立て方

Video training materials(動画教材 制作中)

 

プレゼンテーションスキルを磨くことで、「論理的な思考力」と「問題の解決力」がつきます。

 

プレゼンテーションで最適な提案を行うためには、「どんな課題があるか」「なにが原因なのか」「解決するための具体策は何か」「解決策を実施した場合の効果はどうなるか」といったロジックで、繰り返し考え検証することが必要です。

 

「なぜ」「どうして」を深堀りし続け問題解決を図ることで、思考力と解決能力を磨けます。

 

プレゼンテーションスキルは、

「相手に伝える」、「相手に理解してもらう」、「相手に行動してもらう」

この3つで成り立っています。

 

「相手に行動を促す」ことが目的
プレゼンテーション本来の目的は、物事を分かりやすく伝え、その結果として相手に何らかのアクションを促すことです。

 

第1フェーズ

「相手に伝える」

相手に共感してもらい、こちらの意思・主張を相手に持ちかけ、実現するコミュニケーションスキルです。

 

スライドを使って上手に分かり易く説明することが重要

 

第2フェーズ

「相手に理解してもらう」

論理的に説明するスピーチスキルや、適切なデータを収集して提示するスキルが重要になります。

 

根拠・理由付けが重要

 

これが、ないと思いつきの提案のように感じます。

 

第3フェーズ

「相手に行動してもらう」

相手に行動してもらうことを達成するために必要なのがクロージングスキルです。

 

新しいアイデアが重要

 

プレゼンテーションは、商品やサービスの魅力を、スライドを使って上手にカッコよく説明することは目的ではなく、例えば、商品の営業であれば、どれだけ魅力的な提案をしても、購買という行動につながらなければ意味がないのです。

 

プレゼンテーションで重要なのは、「自分は相手に何(どんなメリット)を伝えたいのか」「プレゼンテーションを通して、相手にどんなアクションを起こさせたいのか」というゴールを明確にすること

 

アイスブレーキングを取り入れる

 

その場の緊張を解きほぐす手法で、雰囲気を和ませてコミュニケーションをとりやすい状態にするものです。