これだけは知っておきたいアパレル業界のニュース

SDGS(エスディージーズ)

新疆綿の産地・新疆ウイグル自治区

Video training materials(動画教材)

 

《新疆綿の市場》

 

コロナ禍前の世界の綿花生産量(2018〜2019年)

1位:中国(604万トン)

2位:インド(535万トン)

3位:アメリカ(400万トン)

 

中国は全世界の生産量(2574万トン)の23%を占めている。また、新疆の綿花生産量(511万トン)は

中国生産分のうち84.6%に達しており、新疆綿は、

世界の綿生産量の19.8%を占める巨大産業です。

 

 

《新疆綿の産地 新疆ウイグル自治区》                           

 

《面積》

 

日本の国土の4倍以上あり、中国の国土の約1/6にあたります。

 

《ウイグル人》

 

基本的にイスラム教徒で、

ウイグル語を話します。文字はアラビア文字系です。

 

 

《アパレル関係のニュース》

 

米政府は、中国の新疆ウイグル自治区でウイグル族が強制労働をさせられているとの調査結果を踏まえ、同地域で生産された綿製品の輸入差し止めを開始。

欧州連合(EU)と英国、米国、カナダは、中国政府当局者に対する制裁措置を発表した。また、オーストラリアとニュージーランドの外相は、EUや米国、英国、カナダが制裁を歓迎する共同声明を発表した。

 

《世界共通の目標》

 

グローバルブランドに必須条件

 

SDGs (エスディージーズ)

 

SDGs (エスディージーズ)とは、   持続可能な開発目標 (Sustainable Development Goals)

 

サステナブル (Sustainable)

暮らしを維持していくための目標

 

2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193国が、2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標

 

 

《アパレル業界でSDGsの取り組み》

 

エシカル (Ethical)

良心的に考えよう(環境、社会、人に優しく)

 

エシカルファッションとは、生産に関わるすべての人と地球環境に配慮したファッション。

 

 

《ESG経営が注目》

 

環境(Environment)

社会(Social)

企業統治(Governance)

 

 

《新疆綿の問題》

 

H&M(スウェーデン)の対応                           

 

「新疆綿」の調達をやめ、中国の製糸業者との関係も断つと発表。

 

中国で猛反発にあい、オンラインストアから商品が消えた。中国国内では、一部の地図アプリから店舗表記がなくなりリアル店舗の一部も閉店を余儀なくされるなど、不買運動が勃発した。中国各地で少なくとも50店舗のH&Mがデモを恐れて店を閉めている。

 

 

ナイキ(アメリカ)の対応                           

 

新疆綿の使用について独自の声明文を公表し「ナイキは新疆ウイグル自治区から商品を調達しておらず、わたしたちの発注先も同自治区の布や糸を使用していないことを確認しました」とコメントした。

 

Weiboでは、人々が抗議のためエアジョーダンや

エアフォース1を燃やす動画を投稿している。人気俳優のワン・イーボーは、声明に対する批判を受けて、ナイキのイメージキャラクター契約を打ち切った。

 

中国の王一博(ワン・イーボー)                      

 

「当社とワン・イーボー氏はナイキとの一切の協力を即日終了した。

当社とワン・イーボー氏は中国に汚名を着せるあらゆる言論、行為に断固抵抗する。国家の尊厳を侵すことを許さず、祖国の利益を断固として守る」との声明を発表。

 

 

ユニクロ(日本)の対応 

 

中国は衣類の主要な生産拠点であり、最重マーケット

 

中国での店舗数

2月末時点で800店(日本国内807店)

 

「政治的な質問にはノーコメント」「人権問題というより政治的問題だ」「我々は政治的に中立だ」

 

 

《中国側の立場》  

中国の綿花栽培は、前述の通り生産量は世界シェアトップを誇る一大産業。

 

《輸出量ダウン》

欧米諸国や日本から「新鏡綿を使っている商品・ブランドは買わない」という声が上がるということは、中国サイドにしてみれば、大打撃だ。

 

《雇用問題》

中国では2400万人の農家が綿花栽培で生計を立てている。失業者も大量に発生するだろう。政府も国民も大反発することは免れない。

 

 

日本の立場                   

 

《衣料品の工場の中国集中》

日本の衣料品は97%が輸入で、うち、中国からの輸入が7割を占めている。そして、中国の綿の8割は新疆綿である。

 

《原料の中国依存》

新疆綿を中国、あるいはASEANで紡績し、縫製してASEAN製として輸入されるものもある。日本のアパレル企業が新疆綿に大きく依存しているのはこのためだ。